こんなサイト見たことない!無垢テーブル特化サイトといえば 無垢オーダーテーブルメーカー徹底比較!

トップ > 無垢のテーブル情報 > 目的に合わせて違いを楽しむことが大切

目的に合わせて違いを楽しむことが大切

 家具を作るにあたり、使用している木材の名称を覚えておくことは、よい家具を手に入れるポイントにつながります。
 一般的に家具で使用されている木材としては、無垢材・集成材・化粧合板となっていますが、それぞれの状態やポイントを押さえておくことが大切です。
 もっとも有名なのは、一本の木から削りだしたそのままの木材の事を無垢材と呼びます。
 無垢と通称で呼ばれることも多く、家の建材として利用されていることも少なくありません。特徴として使用し続けることで味わいをます家具となることです。
 丁寧に使用すればするほど、そのままよい状態をキープできるものとして知られています。手入れを怠ると曲がったりわれたりしてしまうリスクもある為、定期的にお手入れをすることが大切です。
 また、多少汚れても削って修正できるなどのメリットもあります。


 集成材とは、ブロック状となっている木々を接着剤で固め、一本の木として材料としている物を指します。
 特徴としては低コストで高額な樹木を家具に出来ることです。
 特にヒノキやマホガニーなど、世界でも有数の樹木の細かいブロックを集めて貼り付けたタイプのものであれば、質の高さを魅力とする家具を作れます。
 テーブルの天板にしてもいすなどの表面に使用しても魅力的です。
 対して化粧合板とは、芯となる木材の上にきれいな素材の化粧板を貼り合わせて仕上げた木材を指します。
 木材の中でも比較的安価でインテリアを作れるため、大量生産している場合は、原材料として多く利用されている可能性が高いです。
 化粧板には2種類あり、天然の木を薄く削ったものを使用したタイプと、メラミン樹脂などで化粧を施されているものとに分かれている事が少なくありません。


 それぞれの違いとして挙げられているのは、価格だけではなく、外見上の魅力や使用し続けた結果など、多様な部分で異なります。
 家具に対してどんなものを求めているのかによって、価格が大幅に異なるのが実情です。直接それぞれの家具を触ってみることが、相性のよい物を手に入れる為に必要といえます。
 低価格さは化粧合板が一番ですが、丈夫さで一番なのは無垢の物です。
 それぞれに特徴があり、ずっとつかい続けたい物を手に入れるのか、あるいは利用するために利便性や使い心地などを考えてから購入しましょう。
 高級感があり生涯使い続けられるものを利用したいなら、無垢の物、転勤の間だけ利用するなら短期間だけ利用するものなど、目的に合わせて選ぶ事をおすすめします。

カテゴリー