こんなサイト見たことない!無垢テーブル特化サイトといえば 無垢オーダーテーブルメーカー徹底比較!

トップ > 無垢について > 無垢材の家具は仕上がりによって異なる

無垢材の家具は仕上がりによって異なる

 無垢材の家具の特徴として挙げられるのは、季節や年月とともに変化を遂げることです。季節によって湿気を吸ったりはいたりすることや、年月とともに暮らしてきた人とともに生きてきた証明として変化してくれることが特徴といえます。
 変化する家具として多いのが、テーブルやいすなど日常的に使う物です。
 インテリアとして使用しているばかりでなく、使用しない間も周囲の環境によって徐々に変化している姿を描いていることが、魅力的といいます。
 長持ちするインテリアを検討している場合は、事前に確認してから利用することが肝心です。 仕上げやつくりによって全く異なるイメージを与えてくれるので、購入前に直接現物を見たほうがいいと言われています。
 ただ、昨今ではインターネット上で質の高い写真によって本物と同様に見えるものも増えてきました。


 仕上げ材の特徴として2つが挙げられています。ウレタン仕上げとオイル仕上げです。
 ウレタン仕上げの特徴として、無垢のテーブルをウレタン樹脂でコーティングする方法がとられています。
 光沢のある仕上がりとなり、見た目やさわり心地はつるつるしているものが少なくありません。 ただ、かつてのようにいかにもウレタン仕上げという安っぽそうな仕上がりではなく、最近では見た目だけではオイルとウレタンの違いはわからなくなってきました。
 ただし、コーティングとして使用されているウレタンは、10年以上使用しているとはげてしまいがちです。
 そこで、購入したお店で補習を行ってもらう必要があります。強度としてはオイル・ウレタンともにそれ程違いはありません。
 ただしテーブルとして水に強く仕上げられているのがウレタンの特徴であり、オイルよりもメンテナンスが簡単です。


 対してオイル仕上げの場合、植物性のオイルを木にしみこませ、表面に油による膜を作る方法です。
 ウレタンよりも触感がしっとりしており、着の感触を楽しみたい人に人気と言えます。定期的にオイルを塗り足す必要がありますが、傷に強く、少々紙やすりを使用して削った程度で完治してくれるのがメリットです。
 ただし、水に齢ため兆時間ぬれているものをテーブルの上におくとあとがつく恐れがあるので、注意しましょう。
 普段は乾いた布で拭き、定期的にオイルを塗り足すのは自分でできるので、提起的なお手入れをしていればウレタン仕上げよりもずっと長持ちしやすいといわれています。
 購入する場合、ライフスタイルや価値観、見た感じや触感で決めることが大切です。

次の記事へ

カテゴリー