こんなサイト見たことない!無垢テーブル特化サイトといえば 無垢オーダーテーブルメーカー徹底比較!

トップ > 無垢のテーブル情報 > 無垢材のテーブルのサイズの選び方

無垢材のテーブルのサイズの選び方

 無垢材のテーブルのサイズを選ぶ方法をまとめました。しっかりとした無垢材のテーブルでもサイズを間違えると使い勝手の悪く、 快適に過ごすことはできません。そこで、まず座る人数やお部屋のサイズに適したサイズを決めます。 食事をする際に必要な広さは、幅60センチ×奥行き40センチ前後を目安にします。 これを目安に計算すると、おおよその天板サイズがわかります。 実際には、使う椅子のサイズとテーブルの内寸(脚と脚の間の距離)がどれだけ必要かを考慮する必要があります。この際、椅子は動かすので少しだけ余裕をみます。 また、椅子を動かす周囲のスペースも考慮する必要があります。 椅子を引いて腰掛けるのに60センチは必要になります。さらに椅子に座っている人の後ろを通るには、 天板の端から1000ミリから1100ミリは必要になります。


無垢のテーブルは癒しの効果もある

 無垢材は、吸湿発散性に優れています。夏場など湿度の高い時には湿気を吸い、冬場など乾燥しているときには湿気を放出するという優れもの。そのお陰で夏は空気がさらっとして涼しく感じますし、裸足で歩いてもべたつかないですし、 冬は反対に、部屋の湿度が高くなることで暖かく感じます。また、ワックスなどでメンテナンスをして大切に使えば、年月が経つにつれて更に味わいが増していきます。木本来の質感、風合いという面で魅力があり、 化学物質を含まないということも大きな魅力です。使い込むほど、愛着がわき、良さを実感できるのが無垢の魅力と言えます。フローリングが最も一般的な使い方ですが、天井、壁などに使われることもあります。
また、カウンター材やテーブル、本棚などの家具の材料としても使うことが出来ます。木にはストレスを和らげる癒しの効果も科学的に証明されています。色や木目による視覚的な作用もあります。木肌に触れた時の触感的な作用、 樹木が発する芳香成分「フィトンチッド」による 森林浴効果など、さまざまな面で「癒し」を感じことができます。


無垢材のテーブルを使う話や詳細など

 インテリアを購入するときに考慮したいことの一つに、インテリアの材質があります。インテリアの材質は様々ありますが、特に昨今、人気担っているのが無垢材を使ったインテリアです。無垢材は自然にある木を伐採し、それを製材した材質のことで、何らかの加工が行われていないそのままの材質のを表しています。その素材で使われているインテリアは、素材独自の重厚感があり、丈夫で耐久年数が長いので、多くの愛好者が存在します。特に無垢材で作られているテーブルは非常に人気が高く、一般家庭の家庭用テーブルなどに使われていることもあります。耐久性があるので、大人数が使うテーブルとしては最適ですし、実用性と見た目の魅力がそのまま利用者に支持される理由になっています。高いものは、使い込むほど味わいが出てくるので、価値の高さを見出すものとしても魅力があります。

次の記事へ

カテゴリー