ゼッケンを自分で印刷して作成する場合、まず記入しなければならない情報、順番、文字の大きさなど指定されていることを整理しておく必要があります。それが明確になれば、実際に作成に入ります。色々方法はありますが、どのツールを使用するにしても、デザインを考える際は実際のゼッケンのサイズがイメージしやすい設定にしておくのがポイントです。その中に必要な文字やイラストをバランスよく配置していけば、印刷したときもデザイン時との差が小さく、上手に仕上がります。布に直接印刷する方法もありますが、アイロンを使用する転写シートに印刷する場合は、左右反転させて印刷ないと出来上がった時に、文字が逆になってしまうので、注意が必要です。また転写シートで貼り付けたものははがれやすいというデメリットもあります。

誰でも簡単にゼッケンが作れるアイロンプリント

転写シートではなく、印刷したシートをそのままアイロンで貼り付けられるものもあります。貼り付けてもはがれやすいというデメリットあるアイロンプリントですが、簡単にゼッケンの印刷ができるというメリットもありますので、着け直せば良いという考え方もできます。布への印刷は通常使用のプリンターでは難しいかもしれませんが、アイロンプリント用のシートだと印刷は断然しやすくなります。またシートを通販等で容易に入手できるのも良い点です。プリンターにシートをセットしてお好みのデザインで印刷すればそのまま貼り付けることができます。不要な部分を切り取りやすいように、あらかじめ切り取り線用の細いラインを入れておくと良いでしょう。出来上がったものを水につけてから乾燥させた後、アイロンで圧をかければ出来上がりです。

簡単だけど注意が必要なアイロンプリント

簡単にゼッケンを作成するためにアイロンプリントへの印刷がありますが、アイロンプリントにはいくつか気を付けておかなくてはならない点があります。まずは手元にあるシートに印刷できるプリンターの種類です。レーザープリンター用のものあれば、インクジェットプリンタ用のものもあります。自宅にあるプリンターにあわせてシートも購入してください。また、シートへの印刷後はできるだけ早くゼッケンへのプリントを行ってください。時間が経ってしまうと色褪せする場合があります。圧着時にも注意しなければならないことがあります。圧着を行う布に皺がないよう、あらかじめアイロンをあてるなどで延ばしておきます。皺があると上手く圧着できません。圧着時にはできるだけ均等に力が加わるよう全体重をかけることがポイントです。このときアイロン台がない方が作業しやすいです。注意点はありますが作業自体は簡単ですので挑戦してみましょう。