学校行事などの体育大会や、スポーツクラブでのイベントなど、ゼッケンを利用する機会もあります。そこには番号や名前、所属する団体といった文字や数字などが描かれていることが多く、一目見てゼッケンをつけている人の判別が分かるようにされています。けれども利用する時は外での活動や汗やホコリの付いてしまうことが多い物ですから、ゼッケンにはそれなりの耐久性も必要ですし、そこに書かれている物が消えたり薄くなってしまったりしないような配慮は必要になります。また見栄えもありますので、長く使う物は手書きではなく、印刷などを施して作られていることが多いです。また作成でも業者を通すことなくご自分でできるような方法がインターネットなどにもあふれていますので、個性がある物を作ってみるのも良いです。

ゼッケンに印刷する方法はいくつかあります

ゼッケンに印刷をする方法にはいくつかあります。先にゼッケンに印字をしてから、それをアイロンなどで加熱して定着をさせるタイプがあり、アイロン転写紙に文字や数字を描いて印刷を施して、それをつけたい衣服などの箇所にセットして上からアイロンで定着させるだけで、簡単に出来上がります。また紙のように印字をしてから、そのまま縫い付けるタイプもあります。近年ではレーザープリンターで簡単にプリントができる布も出てきて、これも綺麗な制作が手軽にできるものです。取り扱うホームページを見て、どのような方法かを確認しながら、ご自分にとって最適なゼッケン作りができる方法を選ぶようにしてみるのがお勧めです。印刷は専用のパソコンソフトを使ったり、サイトで無料配布されているソフトを使うことで、パソコン上からできるので便利です。

ゼッケンをつける目的に最適な印刷をする

ゼッケンに印刷をする時は、本来の使用目的に合わせた仕上がりにすることが大切です。自分で制作する場合ですと、趣味などで変わったデザインの物にすることもできますが、それを利用する場所などできちんと印刷物が見えて、人の判別をする必要がある場合には、仕上がりも見た目がはっきりとしていて、遠目からもわかりやすい状態のゼッケンである必要があります。それは文字の大きさであったり、太さであったり、色やデザインなども関係してきますので、最初はいろいろなパターンをパソコン上で作ってみるなどして、一番相応しい物となる印刷に決めることが大切です。字やイラストを決めるのが苦手な場合には、ホームページなどではフリー素材などもたくさんありますので、規約を守ってそれらを利用して仕上げていくのも効率が良い方法です。